芸能まとめ速報

芸能まとめ速報は主に2chやTwitterをまとめたブログです。あらゆる情報をいち早くお届けいたします。


    『宇多田ヒカル ソニー移籍』についてTwitterの反応


    宇多田ヒカル ソニー移籍発表「一人の人間として転機を迎えた実感」 宇多田ヒカル ソニー移籍発表「一人の人間として転機を迎えた実感」
    歌手の宇多田ヒカル(34)が、レコード会社をソニーミュージックレーベルズに移籍することが9日、分かった。同日、自身のHPで発表した。宇多田にとって初…
    (出典:エンタメ総合(スポニチアネックス))



    【宇多田ヒカル 、ソニー・ミュージックに移籍】の続きを読む


    『久野静香 結婚』についてTwitterの反応


    日テレ・久野静香アナ、一般男性と結婚 「“肉肉の日”に婚姻届を提出しました」 日テレ・久野静香アナ、一般男性と結婚 「“肉肉の日”に婚姻届を提出しました」
    日本テレビは9日、久野静香アナウンサー(27)が一般男性と結婚したと発表した。久野アナは書面で「私事で大変恐縮ですが、この度2月9日に結婚したことを報告さ…
    (出典:エンタメ総合(サンケイスポーツ))



    【 日テレ・久野静香アナ、一般男性と結婚 「“肉肉の日”に婚姻届を提出しました」】の続きを読む


    (きりたに みれい、1989年12月16日 - )は、日本の女性ファッションモデル、女優。千葉県出身。スウィートパワー所属。 2005年、高校1年生のとき、「千葉のナンバーワン美少女」としてスカウトされ、映画『春の居場所』でデビュー。 2006年、連続テレビドラマ『吉祥天女』(テレビ
    38キロバイト (5,524 語) - 2017年2月5日 (日) 10:35


    3人目が楽しみだな~

    1 muffin ★@\(^o^)/ :2017/02/08(水) 21:15:45.80 ID:CAP_USER9.net

    https://mdpr.jp/news/detail/1661942
    2017-02-08 15:01

    女優の桐谷美玲が主演を務めるフジテレビ系新木10ドラマ「人は見た目が100パーセント」(毎週木曜10時~/4月スタート)に、水川あさみが出演することが分かった。
    原作は、現代女性のリアルな心情を描いてきた大久保ヒロミ氏が手がける同名コミック。

    桐谷が演じる主人公の城之内純は、製紙会社に勤務する真面目で見た目はさえない理系女子の研究員。
    研究に没頭するが故、おしゃれ偏差値が最底辺になってしまっていたが、仕事の都合から、自分は「女子」ではなく「女子モドキ」なのかもしれないということに気がつき、
    研究室の同僚女子2人と一緒に3人で流行のメーク・ファッション・美容など「美の特別研究」を始めることになる。

    今回、その同僚女子の1人、同じく「女子力ゼロの理系女子(リケジョ)」の前田満子役に、水川が決定。2人は、水川が出演していた『帰ってこさせられた33分探偵』(2009年3月)に桐谷がゲスト出演して以来、およそ約8年ぶりの共演となる。

    水川が演じる満子は、子供もいる既婚者。若いころは、当時流行していたルーズソックスやミニスカート、派手なメイクとイケイケのギャルだったが、
    結婚し、子供が生まれた後は、家事と育児に追われ、「美」や流行から取り残されていった「妻であり、母であるが、女でない」というタイプだ。

    出演にあたり、水川は「女子力がない女子を演じるのは女としてなかなかお恥ずかしいところですが、女優としてはこれ以上ない面白味です」と期待。
    「ファッションや美容に興味があるけどセンスがない。だけどセンスは日々磨くことができるんだよーーってな感じを楽しみつつ、
    女子とはなんぞや、女子とは大変な生き物だ、ということをあらためて再確認して楽しめたらいいなと思います」と意気込みを語った。

    また、純(桐谷)や満子(水川)たち「女子モドキ」と仕事で関わることになる丸の内の大手化粧品メーカーの社員であり、「人は見た目が100パーセント」だと誰よりも思っている松浦栄子に室井滋。
    さらに、栄子の右腕であり「美」や「女子力」に疎い純や満子たちに最新のメイクやファッションを指南していく國木田修役を鈴木浩介が演じることも明かされた。
    なお、3人目の「女子力ゼロの理系女子」は後日発表される。(modelpress編集部)


    (出典 mdpr.jp)



    【桐谷美玲主演ドラマ「人は見た目が100パーセント」、新キャスト発表 水川あさみは“女子力ゼロの理系ママ”】の続きを読む

    このページのトップヘ