芸能まとめ速報

芸能まとめ速報は主に2chやTwitterをまとめたブログです。あらゆる情報をいち早くお届けいたします。



    (出典 lifepcolor.com)



    1 たんぽぽ ★@\(^o^)/ :2017/02/22(水) 10:54:18.67 ID:CAP_USER9.net

     美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(72)が、「PPAP」で世界的ブレークしたピコ太郎を起用したCMで、“言い値”で支払うとしているギャランティについて、数百億円程度であれば「なんとかなる」とコメントした。

     22日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」では、来週月曜よりオンエア予定という高須クリニックの新CMを紹介。高須院長がピコ太郎と同じ衣装で共演し、ノリの良い楽曲に合わせて踊るという内容だ。

     このCMギャラについて高須院長は、1月18日に放送された「情報ライブ ミヤネ屋」に電話出演した際、「何も言ってません。請求されただけ払うから」「(1億円)それくらい払いますよ」と太っ腹な発言をしていた。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-01782450-nksports-ent
    日刊スポーツ 2/22(水) 10:50配信


    【高須院長、ピコ太郎ギャラ数百億円「なんとかなる」】の続きを読む



    1 湛然 ★@\(^o^)/ :2017/02/22(水) 14:17:51.61 ID:CAP_USER9.net

    2017年2月22日13時7分 スポーツ報知

     女優・のん(本名・能年玲奈=23)が22日、ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜・前11時半)にゲスト出演し、「ビバデミー賞2017」の最優秀声優賞を受賞した。

     声優を務めたアニメ映画「この世界の片隅に」が大ヒットし、各映画賞を総なめ状態。MCの落語家・春風亭昇太(57)が対面し開口一番、「お肌がつるつるでかわいいよね」と絶賛。のんはすっぴんでスタジオ入りしていたことを明*と、昇太は「本当に、君それ、すっぴんなの?何だよもう!」と絶叫した。

     肌のお手入れ法を聞かれ「内臓の調子が肌の調子につながるので、内臓の調子を整えるものを摂取している。ご飯とかは野菜を中心に…」と話しながらも、大好きなものはポテトチップと即答。「食べものの中で一番好きです」と不思議なトークを繰り広げ、昇太を大爆笑させた。

     表彰したい人物を聞かれると「考えたんですが、“おーい、はに丸くん”です」とNHKのキャラを挙げ、「この間、初めてお会いして共演させていただきました。むちゃくちゃ元気でした。顔色? ちょっと土系で心配でした。(はに丸くんに)似ていると言われたことがあったので…。2人から…」と話した。

     声優の挑戦については「声だけで演技をする、感情の流れを声に乗せる今までと違うことができました」と語り、リスナーからの質問で「今、一番やりたいこと」を聞かれると「仕事ですね」と回答。女優業について振られると「企画があれば…」と意気込んだ。



    (出典 www.hochi.co.jp)

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170222-OHT1T50055.html


    【のん、ラジオで激白!「今、一番やりたいことは仕事ですね」】の続きを読む



    1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ :2017/02/21(火) 12:57:46.04 ID:CAP_USER9.net

    スポニチアネックス 2/21(火) 3:30

     宗教法人「幸福の科学」に出家した女優清水富美加(22)の交際相手だった既婚者のバンドマンが過去に不倫関係にあったことを認め、所属事務所に報告したことが20日、分かった。

     スポニチ本紙が19日付で報じた元交際相手のバンドマンは、人気ロックバンド「KANA―BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田(めしだ)祐馬(26)。
    清水は千眼美子名義で17日に出版した著書「全部、言っちゃうね。」で、出家にあたり「悩みの種だった好きな人も忘れました」とつづっていた。

     この日、飯田の所属事務所は「本人は清水さんに対して本当に申し訳ないことをしたと深く反省している。どんな処分でも受けると言ってます。今回の件については奥さんとも十分に話し合い、2人の間でも解決したとは聞いています」と説明した。
    飯田は破局したとはいえ、清水が仕事や今までの友人関係を断ち切り、突然出家という行動に出たことの一つの要因になったかもしれないことに責任を感じ、事務所側に全てを明かした。

     一方の教団側は「本に書いてあることが全てです」と不倫関係については否定も肯定もしなかった。

     飯田の所属事務所は「今後の活動などに関しては協議中」とし、近く対応を発表する見通し。別の音楽関係者は「本で清水さんが“好きだった人も忘れました”と書いているように、2人の中で気持ちの整理はついている。
    処分が出るにしても活動に大きな影響はないのでは」と話している。

     ◆KANA―BOON(カナブーン) 高校の同級生だった谷口鮪(ボーカル)、古賀隼斗(ギター)、小泉貴裕(ドラムス)に飯田を加えた4人組。12年に音楽オーディションでグランプリを受賞。
    13年9月にシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。メジャーでシングル10枚、アルバム3枚を発売。オリコン最高位はアルバム「DOPPEL」(13年10月)の3位。


    ・清水富美加と交際していたことを認めた「KANA―BOON」の飯田祐馬

    (出典 www.sponichi.co.jp)

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/20/kiji/20170221s00041000084000c.html


    前スレ(★1:2017/02/21(火) 04:42:42.05)
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487642853/


    【KANA―BOON飯田、清水富美加との不倫告白…事務所が対応検討】の続きを読む

    このページのトップヘ